ハイウェイデジタルサイネージ|

高速料金所・電波吸収体のウェイベックス
株式会社ウェイベックス
  • Home
  • Home
  • All Products
  • Solution & Service
  • Industries
  • About Us
  • Contact
デジタルサイネージ

交通インフラのグローバル化を

LED表示板システム2013年に外国人観光客が過去最高の1,000万人を超え、さらに2020年に開催される東京オリンピックを見据えて交通インフラのグローバル化が早急に求められてきています。

ウェイベックスではそのニーズに対応すべく、昨今、商業施設などを中心に急激に拡大してきているデジタルサイネージ(電子看板)に着目し、高速道路上の用途としては日本初となるデジタルサイネージ「HDS」(※)を開発いたしました。

株式会社アルファジャパンとの共同商標登録

情報が一目瞭然となり、より安全に

デジタルサイネージによる電子看板の例

デジタルサイネージでは文字を画像化して読み込むため、LED表示板のようにドットにとらわれることがなく、文字数が多く細かくなりがちなアルファベットの表示や複雑な漢字、細かい文字の詳細な表示も可能です。

また文字だけでなく、料金表や案内板用のイラスト画像や動画の表示も可能です。

ドライバーのグローバル化にともない交通インフラをグローバル化させることは事故のない、より安全で快適な高速道路の環境をつくるためには必要不可欠です。

IP65準拠 高速道路の厳しい環境に対応

雨天時のような厳しい環境にも対応

高速道路上では、走行する自動車から排出される排気ガスや、風雨、季節の変化による温度の上昇といった過酷な条件にさらされます。

ウェイベックスのHDSはIP65準拠の防塵・防滴対応をはじめ、道路上の厳しい環境にも対応しております。

IPとは

IEC(国際電気標準会議)で標準化されている防水や防塵の程度についての等級。

Application 多彩なコンテンツが可能に

実績

伊豆中央道料金所ブースへHDS(ハイウェイデジタルサイネージ)を設置

静岡県道路公社様 伊豆中央道 江間料金所

HDS仕様

  モデル名 AH461ML 46V AH551ML 55V
パネル スクリーンサイズ 46° 55°
アクティブエリア 1018.08×572.67 1209.6×680.4
表示画素数 1920×1080 1920×1080
アスペクト比 16:9 16:9
表示色 16.7M 16.7M
コントラスト比 4000:1 1300:1
輝度 2500cd/㎡ 2300cd/㎡
視野角(水平/垂直) 178°/178° 178°/178°
応答速度 8ms 10ms
バックライト方式 LED LED
ライフタイム 50,000h 30,000h
入力端子   VGA(15pin-D-sub) VGA(15pin-D-sub)
HDMI,RS232C HDMI,RS232C
電源 電圧 100-120VAC 100-120VAC
消費電力 400W 600W
最大輝度単位消費電力 0.2W 0.26W
加熱遮断電力(PC使用時) 1.2KW,2.5KW(ピーク時) 1.2KW,2.5KW(ピーク時)
仕様 自動クーリングシステム Yes Yes
自動輝度コントロール Yes Yes
自動加熱システム Yes Yes
強化ガラス Yes Yes
反射防止フィルム Yes Yes
寸法 外形(W×H×D) 1210×764.4×185.5mm 770×1950×250mm
ガラス厚 6.5mm 6.5mm
重量 本体(kg) 87kg 120kg
アンカーホール   M12×4(推奨) M12×4(推奨)
仕様環境条件 温度 使用環境温度:-30℃~50℃ 使用環境温度:-30℃~50℃
保管温度:-30℃~50℃ 保管温度:-30℃~50℃
湿度 20~80% 20~80%
防塵・防水性能 IP65(front)/IP64(rear) IP65(front)/IP64(rear)

※ネットワーク配信対応可能